NILTO

ドキュメント

モデル詳細

モデルの作成

モデル管理画面の画面中央の[+モデルを新規作成]もしくは右上の[+モデル作成]から作成をします。
またサイドバーの[+]からも作成が可能です。

その際にモデル名、モデルLUIDの入力が必要になります。

モデルLUIDとは、APIでモデルを表す識別子です。
モデルのLUIDはスペース内でユニークである必要があります。

LUID設定が可能な条件は下記になります。
ただし先頭に使える文字は英小文字と数字のみです。

  • 英小文字
  • 数字
  • アンダースコア

モデルの基本情報からモデル名、モデルLUIDの再設定が可能です。

モデルの削除

モデルを削除する方法は、モデル一覧から消したい対象モデルを右クリックから「削除」、もしくは右端にある「・・・」から削除が可能です。

ただし、モデルにはアーカイブがありません。復元ができないため、注意して実施してください。

コンテンツに利用しているモデルを削除するとコンテンツ内容に影響が出るため、削除する際はご確認いただいた上で実行してください。

またモデル編集画面右上の「・・・」からも「削除」をすることができます。

フィールドの追加

フィールドやブロックを追加する方法は画面右側のフィールド・ブロックエリアの中から挿入したいフィールドをドラッグして画面中央にドロップすることで追加できます。

一番上に配置したフィールドがコンテンツのタイトルになります。

フィールドの並べ替え

配置を変更したい場合は、挿入したフィールドの左端の「=」をドラッグして上下に移動させることができます。

フィールドの編集

フィールドの内容を編集する場合は、対象のフィールドをクリックすると右側に詳細ペインが出てきます。そちらから編集を行ってください。

フィールドLUID(Locally Unique Identifier)は、APIでフィールドを表す識別子です。フィールドのLUIDはモデル内でユニークである必要があります。

LUIDが入力可能な条件は下記になります。
ただし先頭に使える文字は英小文字と数字のみです。

  • 英小文字
  • 数字
  • アンダースコア

フィールドの削除

フィールドを削除する方法は、対象のフィールドを右クリックして「削除」を選択してください。

もしくはフィールド詳細ページの右端にある「・・・」をクリックすると削除の項目があります。

モデル基本情報

モデル編集画面の「基本情報」から参照できます。
基本情報からは以下の項目を設定することができます。

  • モデル名
  • モデルLUID
  • プレビューURL
  • 公開URL

プレビューURLと公開URLでは、対象コンテンツの情報を取り込めるプレースホルダーが利用可能です。

API出力確認方法

モデル編集画面の「API出力確認」から参照できます。またダイアログ内の赤枠のアイコンを押すことで、LUIDやリクエストURLをクリップボードにコピーすることができます。

APIの詳細はAPIリファレンスを参照してください。

問題は解決しましたか?

回答が見つからない場合は、お問合せのサポート窓口からお気軽にお問いあわせください。

お問い合わせ